忍者ブログ
[1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1158]  [1160]  [1159]  [1157]  [1156]  [1155
推測
2017/01/08 (Sun)
エリザベスさんの歩行が短期間で急激に悪化している。
筋力の衰えというよりは、下半身がマヒしているように見える。
加齢というよりは、どこかで神経が切断されている感覚。

パソコンで症状を調べてみると、どうやら「変性性脊髄症」が
一番近いように思う。
「変形性脊椎症」ではない。
「変性性脊髄症」だ。

症状の進行具合はまさにエリザベスさんと合致する。
但し、あくまで推測。
素人の姉さんが獣医師の記述を読んでの推測。

さて、変形性脊椎症はざっくり言えば、背骨の変形からくるもの。
ヘルニアに発展することが多い。痛みを伴うらしい。
確かに、姉さんもヘルニア持ちだけれども、ヘルニアは痛いよね。

一方、変性性脊髄症は脊髄の病気。痛みは伴わない。
人間の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に似た病気と考えてもいいらしい。
 
最初は後ろ足の麻痺から始まり、前脚の麻痺、最終的には病変が脳幹に
まで達し、呼吸困難や嚥下障害を引き起こすらしい。
 
生前の確定診断は無理。
色々な症状を診ての暫定診断となる。
死後の病理検査では確定診断可能。

原因は不明だが、遺伝によるものが大きいと考えられている。
9歳~11歳での発症が多い。

これで、なんとなくしっくりきた。
ずっと加齢による筋力の衰えだと思って来たけれど、
筋力の衰えだけでは説明できないほど、衰え「過ぎて」いる。
筋力の低下というよりは 病的に麻痺しているように見える。
だが、変性性脊髄症を発症していると考えれば、納得がいく。
 
ただ、バーニーズで9歳~11歳というと、変性性脊髄症を発症するのが早いか
寿命がくるのが早いのか、微妙な年数。。。とは言え、長寿のバニが
増えている昨今、 心構えは必要だと思う。後足を鍛えても鍛えても
変性性脊髄症を発症すれば、筋力に関係なくジワジワと歩行不能に
なっていくのだ。
 
ちなみに、今の所、変性性脊髄症の治療方法はないらしい。
体重を減らして、身体への負担を減らし、できるだけ進行しないように
祈る? 進行がゆっくりになれば、四肢が麻痺する前に寿命がくる。
そうなれば、QOLは保たれるか。。。
かと言って早く旅立てというわけでもない。

ついでに言えば、エリザベスさんは下半身の症状を除けば
まだまだ超元気。毛艶も良くて、まさに美魔女。とても10歳overとは思えない。

頑張ってと言いたいけれど、無理に頑張らなくてもいい。
たぶん、エリザベスさんは頑張っているし、本人が辛い時に頑張るのは
きっともっとつらいから。

ただ、こいつは頑張りましょうね。
お薬です。

emojiえ?おやつ?

聞こえなかった?お薬です!
その満面の笑み、耳まで遠くなったか?


emojiお薬あるなんて知らなかった。。。

あぁ、しかし、何をしていてもかわいい。

ゆっくり元気に過ごしていこうね。
PR
この記事にコメントをつける
お名前(name)
タイトル(Title)
url
コメント(Comment)
パスワード(Password)   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(07/23)
(07/22)
(07/21)
(07/20)
(07/18)
(07/17)
(07/16)
(07/15)
最新コメント
[07/03 mayママ]
[06/05 mayママ]
[11/13 えりんしゃ。]
[10/17 mayママ]
[09/19 mayママ]
[09/11 mayママ]
[07/06 ルパンまま]
[07/04 mayママ]
プロフィール
HN:
エリザベス姉さん
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
ペット
自己紹介:
バーニーズマウンテンドッグと暮らす姉さんの徒然日記。
アーカイブ
ブログ内検索
リンク
カウンター
忍者ブログ [PR]
  エリザベス姉さんの徒然日記 HOMEに戻る